読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大塔川黒蔵谷でウォータークライミングを満喫

7月の3連休は前から気になっていた南紀の黒蔵谷へ。
GWから10月まで泳げるらしいが、どうせ行くなら盛夏でしょ!と思って計画した。が、入山前はなんとも微妙な予報・・・まあ、なんとかなるだろうということで決行したのだった。

 

7月16日(土曜)晴れ

11:00入渓→15:30高山谷出合
言うまでもないが仙台から南紀は遠い。新幹線と夜行バスを乗り継いだ結果、18時半に会社を出て、入渓点に着いたのは翌10時。体はダルいが、年一のイベントと思えば何とか我慢できる。

20160716-GR247791

幸い天気は快晴で絶好の泳ぎ日和だ。入渓してすぐに挨拶代わりの10m鮎返滝。泳いで左壁に取り付いてからステミングで突破。他の人の記録ではサラッとしか触れてなかったけど、まあまあ渋かった。

20160716-GR247792

20160716-GR247793

この先は泳いで、泳いで、泳いだ。普段行く沢では巻いてばかりなので、これほど泳ぐのは初めてだ。流れもなく易しいがさすがに疲れるが、南紀ブルーとでも名付けたいような水の色に心を奪われる。

20160716-GR247796

20160716-GR247812

20160716-GR247819

20160716-GR247811

20160716-GR247823

15時半頃に高山谷の出合に到着。先行パーティーは船橋労山だった。こんな所まで来て関東の山岳会に会うとは・・・

タープを張って焚き火を熾したが、食べたのは棒ラーメン。学生時代に吐くほど(マジで)食べたメニュー、変わったのは薬味を入れる知恵がついたことぐらいだろうか。でも、悪くない。
昔の話、今の話、これからの話し、いろいろ話したはずだがあまり覚えていない。気づいたら全員焚き火の近くで寝ていたのでタープへ移動。蚊もいなくて快適だった。

 

7月17日

6:00発→12:45野竹法師→14:00高山谷→15:30登山道合流点
昨日の夜は棒ラーメンだったが今朝は青の洞窟。これが社会人パワー・・・!気合を入れて朝イチから泳ぎがスタート。

20160717-GR247832

出合から少しで現れる滝は左壁から登り、巨岩帯をクリアすると13m滝と黒蔵滝だ。13m滝は右岸を巻いてから懸垂下降、黒蔵滝は左岸から巻いてクライムダウン。この山域らしく、灌木はあまり強くないので注意が必要だ。

20160717-GR247835

20160717-GR247838

20160717-GR247841

両岸が迫ってきて幕営適地が増えてきたら10mの斜瀑。一見逡巡するが、取り付けば意外と簡単だ。この先はかつての炭焼き跡か、石垣や割れた茶碗などが散見された。

20160717-GR247846

どんどん急になる沢筋から中間尾根に移ってしばらくすると、ドンピシャで野竹法師の山頂。藪漕ぎもなく快適、しかしブヨが多い。
野竹法師からゴンニャク山方面に歩き、急な植林帯から高山谷へ下降。出だしから急なナメ床、それを過ぎると連瀑帯が続く。
連瀑帯まではほとんど泳ぎが無いが、その先は大きな釜が増えてきて泳ぎも出てくる。雨も降っていないのでそれほどプレッシャーは感じず、飛び込みやへつりを楽しみながら下降していく。

20160717-GR247856

15時半頃に登山道の交差点へ到着。時間もロケーションも良いので今日はここでおしまい。この日の夕食はうまかっちゃん。翌日の朝(サラスパ)まで麺攻撃は続いた・・・。

20160717-GR247859 

7月18日 快晴

6:00発→10:00黒蔵谷出合→登山道経由→13:00黒蔵谷入渓点
朝から快晴。渓に陽が射すと同時に泳ぎ始めた。途中の3m滝、5m滝は釜の水流に不安を感じたので左岸巻きのち懸垂下降。ここで少々時間を食ったが、この先はライジャケを着てガンガン泳いでいく。TRKS氏は結構な高さから何度もダイブ。若いなー。

20160718-GR247864

20160718-GR247866

途中、林業用のモノレールや廃屋を見送ると八丁涸鹿。長く威圧感のあるゴルジュだが、足のつく場所も多かった。

20160718-GR247878

20160718-GR247879

しかし南紀ブルーに包まれて泳ぎ下っていくのは最高。連休最終日とは信じたくない。
10時半頃、黒蔵谷/高山谷の出合に到着。ここからは右岸の登山道跡を辿っていく。不明瞭な道をコウモリ、ヒル、ミツバチをあしらいながら進むと 2時間ほどで林道に合流した。
下山後は川湯温泉の公衆浴場に入ってから帰阪。大阪在住のFKD氏に色々と案内してもらうつもりだったが、渋滞に捕まったので即帰京。今後に課題を残したのだった。